タイやチェンライなどの豆知識

タイ 何月が安い?

タイ旅行が安い時期は、6月から10月の雨季です。乾季がハイシーズンで、11月~2月くらいです。

タイの雨季は、5月から10月までの期間です。この時期は、毎日のように雨が降るため、観光客が少なく、航空券やホテルの料金が安くなります。また、ビーチでのアクティビティも中止になるため、その分料金が安くなることもあります。正しい観光資料にも運が悪ければ滞在期間中毎日雨ということもあり、この辺の計画は考慮する必要があります。

雨季のタイ旅行の注意点

タイやチェンライなどの豆知識

Thumbnail of post image 148

結論:タイに行くなら、11月から2月がベストです。

タイのベストシーズンは、11月から2月までの乾季です。この時期は、気温が25℃前後と過ごしやすく、雨もほとんど降りません。そのため、観光やアクティビティを楽しむのに最適な時期です。逆に東南アジア独特のスコールや蒸し暑さなどを体感したい方はちょっと物足りないかもしれません。

11月から12月

11月から12月は、タイの乾季の始まりです。気温は25℃前後と過ごしやすく、日照時間も長くなり ...

タイやチェンライなどの豆知識

「タイの物価は日本の何分の1?」

タイの物価は日本の約3分の1から2分の1程度と言われています。ここから紹介するのあくまで参考価格であり為替の影響によって大きく変動します。また「意図的に安いものを探した場合の価格」ということもご了承ください。例えばバンコクの日本料理店などは、はっきり言って日本よりもかなり高い部類に入ります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

食費

屋台で食事をする場合は、1食あたり50バーツ(約170円)程度で済みます。レストラン

タイやチェンライなどの豆知識

タイは今は何が盛ん?

タイは今は何が盛ん?

タイは、東南アジアの観光大国として知られています。豊かな自然や歴史、文化が魅力のタイには、毎年多くの観光客が訪れます。

2023年現在、タイで盛んなものとしては、以下のようなものが挙げられます。

観光

タイは、世界遺産や美しいビーチ、活気あるナイトライフなど、魅力的な観光スポットがたくさんあります。2022年には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で観光客数が減少しましたが、2023年には回復

タイやチェンライなどの豆知識

Thumbnail of post image 099

タイの住居はなぜ高床式が多いのか?

※画像はイメージです。

タイの住居は、床面が地面から離れた高床式が多いのが特徴です。高床式の住居は、以下の理由から建てられています。

洪水対策

タイは、雨季になると洪水が発生する地域です。高床式の住居は、洪水から家を守るために建てられています。

通気性向上

タイは、高温多湿の地域です。高床式の住居は、地面から離れているため、通気性が良く、熱がこもり

タイやチェンライなどの豆知識

タイで暮らすにはいくら必要?

タイで暮らすにはいくら必要?

タイで暮らすには、生活スタイルや滞在期間によって必要な費用は異なりますが、一般的には、1人あたり月額10万円~20万円程度が目安です。チェンライなどの地方都市に行くとこの金額が1人当たりではなく1家族あたりになることも珍しくありません。この記事の中ではだいたい1バーツ3.5円で計算してますが最近は1バーツ4円を超えており今後も円安は続くとこの金額では済まない可能性があります。

生活スタイルによって異なる

...

タイやチェンライなどの豆知識

タイ観光に1日いくら持っていったらいいですか?

タイ観光に1日いくら持っていったらいいですか?

タイ観光に1日いくら持っていったらいいかは、滞在期間や旅行スタイルによって異なります。

滞在期間が短い場合

滞在期間が短い場合、1日あたり5,000円~8,000円程度が目安です。この金額があれば、食事や交通費、入場料などの基本的な費用をまかなうことができます。

滞在期間が長い場合

滞在期間が長い場合、1日あたり10,000円~15,000円程度が目安です。この金 ...

タイやチェンライなどの豆知識

タイの収入差は大きいですか?

タイの収入差は大きいですか?

タイの収入差は、都市部と地方部で大きく異なります。都市部では、バンコクやチェンマイなどの大都市を中心に、高収入者が多い傾向にあります。一方、地方部では、農村や漁村などを中心に、低収入者が多い傾向にあります。

都市部と地方部の収入差の原因

都市部と地方部の収入差の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

経済の中心地が都市部に集中している
教育や医療などのインフラが都市部に集中して

タイやチェンライなどの豆知識

タイ人の年収はいくらですか?

タイ人の年収はいくらですか?

タイの平均年収は、2022年時点で約128万円です。これは、日本の平均年収の約3分の1に相当します。

タイの年収は、業種や職種によって大きく異なります。例えば、金融やITなどの専門職の年収は、一般的な職業よりも高くなっています。また、都市部に住む人の年収は、地方に住む人よりも高くなっています。

タイの年収の推移を見ると、近年は緩やかに上昇しています。これは、タイ経済の成長や、外国人投資の増加などが背景にあ ...

タイやチェンライなどの豆知識

タイの家賃にかかる税金は?

タイの家賃にかかる税金は?

タイで家賃収入を得る場合、以下の2つの税金がかかります。

源泉徴収税
所得税

源泉徴収税

タイでは、家賃収入を得た人が、賃借人から源泉徴収税を徴収する必要があります。源泉徴収税の税率は、家賃収入の額に応じて、以下のとおりです。

家賃収入の額源泉徴収税の税率100,000バーツ以下5%100,000バーツ超10%

源泉徴収税は、賃借人がタイの税務当局に納付する必要があります ...